ホワイトニングの概要

広い範囲でのホワイトニングは、クリーニングからはじまるいくつかの過程です。それぞれを詳しく解説します。クリーニングは、PMTCといわれ、歯の表面を掃除する訳です。さらに細かくいえばスケーリングも行います。これは、歯石を取り除きます。つぎに、PMTCということになります。これは、歯垢を取り除いたり、煙草のヤニも綺麗に掃除してくれます。次に、ブリーチングが行われ、歯を白く着色していきます。

さらに、マニキュアが行われます。これは、歯を削らずに着色することにより白くさせます。一度の治療で5年ほど白さを維持できる治療もあります。しかし、元の色が黒い、濃いと白く着色できかねる場合もあります。次に、ダイレクトボンディングが行われます。これは、プラスチックを詰めたりしてすきっ歯を綺麗な歯にします。まずは、歯肉の状態を良くして、プラスチックを詰めて光で治療していきます。

また、ラミネートベニヤが行われます。これは、歯の表面を薄く削って、薄いシェルを貼り付けます。歯の一部が変色した、隙間が出来た、歯並びや形が悪い場合に効果があります。最後に、セラミッククラウンは、出っ歯や八重歯を直し、歯並びの矯正を行うことです。金属を使用しないために金属アレルギーでお悩みの方にも安心です。このように、多くの種類がありますが、全ての作業を行うと治療費が莫大になります。そこで、自分に合った治療をお薦めいたします。