ブリーチングの概要

ホワイトニングといえば、ブリーチングと考えるのが一般的です。そこで、ブリーチングの説明をしていきます。簡単には薬剤を投入して歯を白くさせます。オフィスホワイトニングを病院で治療する場合をいいます。まずは、歯を治療しやすいようにあごを固定していきます。次に、歯肉を守るようにケアします。そして、薬剤を投入して光をあてて歯を白くしていきます。薬剤は過酸化水素を使います。そこで、アレルギー反応を起こす場合は治療を中断します。しかし、90%以上は大丈夫と診断されています。

ホームホワイトニングとは、家庭で歯を白くすることです。まず、歯科医院での作業です。歯型をつくって、マウスピースをつくります。それを、受け取り時間のあるときに歯を白くすることになります。薬剤は、過酸化尿素を使って行います。人によっては、病院よりも家庭で行った方が効果があるという方もいます。

このように、病院か家庭で行えます。病院では、数回の訪問でその時間での治療で行えます。しかし、薬剤は強めで、値段も10万から20万円と高めです。家庭で行う場合は、2週間続けて薬剤を歯につけて行うことになります。そして、薬も弱めで価格も安く、気軽に行えます。皆さんも、一度考えることを、お薦めします。